未分類

バイナリーオプションって国内と海外だと仕組みも違うの?

日本国内でもバイナリーオプション利用者が
増え続けているます。

市場規模はどんど拡大している人気の投資となっていますが
国内、海外を含める数多くの業者が存在します。

「バイナリーオプションって国内と海外だと仕組みも違うの?」

という方のために
今回は具体的な例を示しながら
国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションに分けて
バイナリーオプションの仕組みを解説します。

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの違いとは

「ペイアウト率」
「取引時間」
「購入金額」
「取引方法」

になります

■国内のバイナリーオプション業者の特徴

・ペイアウト率

ペイアウトとは
「払い戻し」と意味で
 胴元側は支払い投資家側は払い戻しとなります。
 ペイアウト率とは「払い戻し率」となります。

国内バイナリーオプションのペイアウトは
1000円固定となっており
海外バイナリーオプションは
ペイアウト率が1.8倍~2倍程に
なっています。

・国内バイナリーオプションの購入額の計算例

上限設定は
1日あたり10,000枚
1注文あたり200枚
となります

例えば
現在レート:101.306
目標レート(権利行使価格):101.700以上
ペイアウト倍率:20.83倍
の場合

購入価格:48円
ペイアウト倍率:1,000円

200枚購入して予想が当たれば
48円 × 200枚 = 9600円で購入
1000円 × 200枚 = 200,000円
で払い戻し
190,400円の儲け
となります。

・取引時間 平日24時間、土日は休みとなっており 
 月曜日の朝は通貨が大きく動きます。 
 
 2時間に1回の判定時間しかなく 
 取引機会は少ないので 
 1日全部の取引をしても 
 12回が限度となります。

しかし判定時刻(満期)までに
2時間~3時間という時間がありるので

この時間に相場が急変動したり
取引を辞めたい場合には
「売却」という選択肢があります。

売却価格はレートによって変動し
途中で売却しても利益が出る可能性も
あります。

・取り扱い通貨
国内バイナリーオプションの取引通貨は
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円NZドル/円
ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル豪ドル/米ドル
の8種類です。

■海外バイナリーオプションの特徴

海外バイナリーオプションは
投資した金額×ペイアウト率で支払われます。

ペイアウト倍率は1.8倍~2.0倍の設定が
多いようです。

予想が当たれば → 1.8倍~2.0倍
予想が外れれば → 0円
というシンプルな考え方になります。

判定時刻はエントリーの
30秒後、60秒後、2分後、5分後、15分後
1時間後、2時間後、1日後などです。

・海外バイナリーオプションの購入額の計算

例えば
HighLow:ペイアウト倍率1.8倍の場合
1万円購入して予想が当たれば
1万円 × 1.8倍 = 18,000円で払い戻し
1万円購入して予想が外れれば
1万円 × 0倍 = 0円

海外バイナリーオプションは
シンプルな仕組みでトレードが可能です。

エントリーして数分後にエントリーした
レートよりも上か下かを予想する

予想が当たれば1.8倍~2.0倍
予想が外れれば0円

「外れれば没収」
「当たれば約2倍」

というわかりやすさが人気です。

■まとめると

バイナリーオプションは国内と海外では大きく違います。

国内バイナリーオプション
判定時刻が決まっている
現在レートと目標レートの差によってペイアウト倍率が決まる
取引機会は少ない

海外バイナリーオプション
判定時刻は自分で決められる
現在レートと目標レートの差によってペイアウト倍率は変わらない
取引機会が多い

という違いがあります。

仕組み上
海外バイナリーオプションの方が
2者択一である分
ギャンブル性が高く

それを規制するために国内バイナリーオプションは
FXに近い仕組みに変更したという経緯があるため
このような仕組みの違いが起こるのです。

安定的な収入を作り充実した人生を送れる方法とは? 〜詳細はコチラ〜

友だち追加で月利30%を実現するFX自動売買システム無料ツールプレゼント中!